分からないことばかり

わたしは笑う 君は泣く

わたしはうたう 君は黙る

わたしは「おはよう」 君は「おやすみ」

わたしは今から 君は今まで

 

心なんて 一生 分からないさ

 

あなたの知らないわたしだって

わたしの知らないあなただって

山ほどあるのに知ったかぶって

心の身ぐるみ剥がそうとする

 

そうして傷つき傷つけて

またひとりだと 膝を抱え

それなら孤独の方がいいって

乾いた地面にまたシミをつける

 

取り残されそうな時の流れに

抗うように 息をしたんだ

 

あなたの知らないわたしだって

わたしの知らないあなただって

山ほどあるのに知ったかぶって

心の身ぐるみ剥がそうとする

 

そうして傷つき傷つけて

またひとりだと 膝を抱え

それなら孤独の方がいいって

乾いた地面にまたシミをつける