爪先の宇宙

傘をさしていた 雨は上がっていた

「わたしはここには居ないよ。」

何だかそんな気分

 

夕暮れの空が あまりにも美しすぎて

失くしたもの 忘れたもの 詰まっているみたいで

 

視線の先 不器用そうにはみ出したペディキュア

あの本のあの子と同じ 色は違うけれど

 

四角い小窓にペディキュアが光る

そこから広がる世界を見たくて

また顔を上げてうたっている

水たまりのような 爪先の宇宙

 

四角い小窓にペディキュアが光る

そこから広がる世界を見たくて

また地面を押して歩いている

水たまりのような 爪先の宇宙