誰も知らない

誰も知らないうたを 部屋の真ん中で

ぼそぼそぼそと呟いては またひとつ夜が終わる

誰も知らなきゃ 無いのと同じだな

どれだけ愛していても 誰も知らないまま

 

世界の隅っこ 部屋の真ん中

誰も知らないうたが流れる

わたしがここで何度うたったところで

間もなく途切れるだろう

 

そうだ あなたに聴いて欲しい

あわよくば 口ずさんで欲しい

うたを死なせないように

うたが終わらぬように

 

あのひとのうた あのひとのうた

大好きなうたがあるんだ

知っているかな 知らないかな

イヤフォンを貸すよ

 

イヤフォンを貸すよ